“やっぱりモテたでしょ? イケメン俳優,学生時代のウェディング”

結婚を挙げたのが7時期ほど前になりますが、当時30年代で、こちらは適いちゃった婚姻で妊娠消息筋のバリエーションでしたので、悪阻や体調不良に気をつけながらの打合せがほんまてました。

衣装決めも胃腸の出スピードを見ながらだった為に途中で胃腸がいっきに出てしまい、寸前になって衣装変更するなど、アパレル屋ちゃんにも迷惑をかけてしまったとしてある。

そんな中、バリエーションを挙げたところベスト大変だったのが会合チョイスでした。

仕事関係ヤツ、中学校のそば、高校生からのそばなど色々なグランドの皆さんがいた結果、あのそばといったあのそばは繋がりが悪い…とか、あの同僚は上役は同席不可能ですとか…考えていたら脳裏がグチャグチャになってしまい、最後は繋がりが悪かろといった良かろうと同じ会合に決めました。

おもしろい会合ですので、一丸どんなにその場は賢くやってくれたみたいでしたが、どうしても後から「どうこちらはあの子供と同じ会合だったの?」など、ジョーク交じりに聞いてきたそばもいました。

それに、そばもどこまで呼んだらいいのか、きりがありません…
自分の中では結婚にこれまで出席したそばから呼び、後は自分が仲が良いとしていたそば、来てほしいなあと思っているそばを呼んだ腹積もりですが、とにかくこれもさっと事故の原因となり「〇〇氏は呼ばれて、どうこちらは呼ばれないね?」など、分界が難しく通常、二次会も200やつくらいの数になってしまいました。

身内のみで挙げるにはいいですが、そばを呼ぶとなると、定める事が多い結婚なのに…そば関係のその辺の分界が極めてほんまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です