時短で失敗知らず♪今話題になっている「結婚式」4選

むかし、店舗の同僚のウェディングに参加したときの部分。

昼過ぎから披露宴だけでなく神前型にも加盟。

その今日は、朝から自分のおめかしで忙しく、朝飯を召し上がる時間がなかった。

披露宴で食品食べられるから我慢決める、それほど願い身支度を通じていた。

汽車で約一時間、式場に着いて、他の先輩陣といった合流。

お型の設営ができ、その広場に通される、
私達は新郎側にならび、向かいに新婦存在のご両親や親族陣が並んでいた。

新郎です私の同僚は、家が複雑で親族も早く、新婦存在といったバランスをとるために仲の良かった自身や先輩陣が出場する事になった。

そうして、厳かにお型が始まり、何だか神主さんが氏名はわかりませんが、先にひらひらのついた棒を表現に振り、呪文という言い方を唱えて要る。

その時、その場は静まり返り、その動画だけが響いていた。

静まり返ったその瞬間に、朝から何も食べていない私の胴が「ぐるぐる〜〜〜」と、恐ろしい音をたて始めた。

うそでしょ〜、どうしてこのタイミングで〜と思いながら、それを食い止める事が出来ない。

それも神主さんの動画が止まった瞬間に限って鳴り渡るはじめるのです。

静まり返ったその場所では、二度と音が反響して仕舞う。

気まずい・・・
手早く終わってほしいと思いながら、私の視点に隣席における先輩の肩が上げ下げに揺れているのが検証出来た。

含み笑いをこらえていたのだ。

そうして、やっとお型がおわり、広場を移動する瞬間に、そこにいた全員が面白。

聞こえてたんだ〜、はずかしい。

先輩も「含み笑いをこらえるのに真面目だったよ」といった微笑みながら言った。

新郎になんてあやまろう。

そんな事を考えながら披露宴アリーナへ。

和食のフルコース。

そうすると色んな人から、胴がすいているんでしょうと微笑みながら、鯛やてんぷらを分け与えられた。

自身きちんと食べられませんから・・・
そういう災厄がありながらも、二人の幸せそうな風貌が二度と総出を微笑にしたウェディングでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です