「最悪のタイミング…」。婚姻の現状がヤバすぎる件

20年齢の時にブライダルしました。

若かったということもありますが、世間の常識も知らないうちに結婚してしまったせいか 大変だったことが多々あります。

それでは一般的ですが、両家のつきあいだ。

ライフスタイルの違いなどにまったく困惑しました。

嫁ぎ事後が僻地だったので、古臭いライフスタイルがたくさんありました。

自身が驚いたのは、結婚して4か月ぐらい経った頃に、頻繁に
『妊娠は依然として?』という聞かれたことです。

一気にちびっこを授からない嫁さんは、失格らしいです。

そういう習わしというか、ライフスタイルに困惑しました。

あとは、案の定と言えば案の定なのですが、条件の違いだ。

自身は生まれも成長も街路精神なので、農業の経験がありませんでした。

ただし嫁ぎ事後は、少々の農業を通していて、その輔佐は正にマジでした。

農業の経験のない自身は、想いの他 労役だった農作業に困難想いをしました。

そうしてアベックの系なのですが、パパにはキャリア病み付きがあり、専業を辞め、また次の仕事に就くまでの拍子の生活がマジでした。

経済的にすきも消え去り、僕がパパの当たりまで仕事をし、生活のために動くことになりました。

アベックの為というよりは、生活していくうえでの専業だったと思います。

そんな中にありながら、無職年月のパパは、日数を持て余し、パチンコに行くことも色々。

結婚してからの生活を振り返ってみると、結婚した時世が若過ぎたかなぁといった悔恨だ。

ある程度の思い出や知見ができた頃に結婚していれば 探究(大変だった素行)の種類も違っていたのではないか?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です