これは以前、群馬県内沼田市にトリップに行った話です。

ほとんどはじめに沼田市に行った動機において週末をかけて今NHK大河ドラマで各週週末昼過ぎ8シチュエーションから国中企画されている『真田丸』によって主に沼田城をメインで観光しに行きました。フィールドまでは首都高などを新しくできた圏央プログラムによるおかげでおよそ2ひとときかからずに着きました。当然最初の名勝はメインの沼田城跡だ。フィールドには当時の石垣の一部が残っていたり、はなはだコントラストも良かったです。当然城跡ですので天守閣レベル文書館があったというわけではありませんが何となく当時の空気を行う定義見込める界隈でした。モータープールも一段と混んでいるのかなと決断しながら向かったのですがかなりの数量当たりモータープールが確保されてあり停止にも困りませんでした。最寄のインターからもさほど遠くなく、都心を抜けてたちまち着きました。城の南側はスゴイの崖があったり、遠くには厳しい峰々があったりといった、冬場や、紅葉の時期にはもってこいだと思いました。
次に向かったのはLunchだ。Lunchでは色んなWEBで調べた実績、フィールドで有名な呼び名を忘れてしまったのですが冷ましうどんを頂きました。そのお店はインター降りてすぐの交差点を左側をめぐってケーズ電気さんを過ぎたすぐ右側にあったと思います。きちんとフィールドについた時から晴れ始めてコントラストも完全、太さを強みの冷ましうどんも物凄く映えました。
次に向かったのが吹割の滝という滝だ。フィールドにはかなりの数量分のモータープールがここにも完備してありそれほど困りませんでした。偶々熊出没で一つの経由は通れなかったのですがポッキリ真夜中に至るステージでして、木々の緑という空の色調、滝の風貌などをかしこく捉えた望ましいムービーも撮れましたし、全然綺麗な風景でした。もっぱら持って帰ってしまいたいぐらいでした。笑
最後に現地のエステにも止まりました。フィールドには吹割の滝の近くのエステ街路という、いくぶん戻った都心の南の経路における2カ所で悩んだのですがひとときを考えた柄、近くのエステ街路のエステに入ることにしました。そこまでは良かったのですがこういうエステ街路が錆びれて錆びれて。まぁ重い実態でした。帰りは8シチュエーションぐらいだったのですが近くの廃墟はとっくに心霊住所並みに異様な空気を放ってあり、唯一セレクトを間違えてしまいました。都心のエステにすれば良かったという事後後悔してます。そのあとは、コンビニスイーツを食べながら一路帰り道に着きました。
全体として、自然に飛んでど郷里というわけでもなく比較的運輸かさも手広く、便利なショップもありましたし、最も苦はありませんでした。次は真田第二の郷里上田に冬場行ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です