人生大切にしたいおみやげの貰いもの

インターナショナル結婚を機にイタリアへ引越す箇所になり、小学生からの親友たち3人間といった食事に行くことになりました。その時にもらったキャンペーンが1番嬉しかったです。A4程の体格でたくさんの画像がコラージュされているのものでした。よく見ると、遠くに住んでいて終始会えていなかった友達や、ファミレスでパスタを任せそのパスタで「祝」とデザインされたお皿を持って笑って掛かる人、以前思い切り遊んでいた近所の仲間学年上の人間が写っていたり、イタリア語で「ウェディングおめでとう」に関しての文字が書かれたトップス着て撮って要る画像など。「この人にどうしてコミュニケーション取ったの?」「こういうTシャツあえて作ってくれたのかな?」など画像の一つ仲間を見分けるたび、私の事を想って撮ってくれたのだと思うと本当に嬉しかったです。ミール会では、その画像を見ながら昔のおみやげ対話で盛り上がり、「誰がびいきだった」だの「地下道傍でコケて歯が欠けた」だの長期間おみやげが蘇り腹部が痛くなるぐらい微笑みそれはそれはおかしい時間でした。巨額ものではありませんが、みんなの意識が詰まったあたしにとっては最高にびっくりで甲斐回答なキャンペーンでした。こちらではとっても親友と呼び込める人間は依然いなくて、国外生活をしていると難しいこともたくさんありますが、画像を探るたび、「自分じゃない」という勇気付けられている。画像はニュースではなく、こうやって飾っておくのもよろしいなぁと思いました。ふっと視線に写るたび、はたして壮健をもらえるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です